October 2017  |  01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

GUN CLUB

 

GUN CLUB - IN MY ROOM (LP)/BANG! BANGLP107/2700     
(タイムレスなガレージ・ロック・サウンドで今なを高い人気を誇る「ガン・クラブ」の未発表作品集。収録作品は1991年から93年までの14曲。ラスト・アルバムである「THE GUN CLUB」制作時のアウトテイクを集めたものだが、クオリティは相変わらず高くジェフリー・リー・ピアースも絶好調。ソウルフルなボーカルとジミヘン直系のクールなギター・ワークをふんだんに聞かせてくれる。ファンなら絶対に持っていたい一枚でしょう。)

DR. MAHA'S MIRACLE TONIC

 

DR. MAHA'S MIRACLE TONIC - BANKROBBERS (CD)/FOLC FOLCCD63/2268
(人気のスパニッシュ・レーベル「Folc」の最新作。このスペイン出身の5人組が奏でるは古き良きアコースティック・スウィングやアーリー・ジャズ、ヒルビリーなどをミックスしたグッドタイム・ミュージック。軽妙なリズムとクールなギター、ホット・フィドル、クラリネット、そして表現力豊かなボーカルなどが織り成すリッチでファンなダンス・ミュージックがばっちり楽しめる。最初は少し地味な印象だが、聞くほどに味わいが増します。推薦盤!)

NO TOMORROW BOYS

 

NO TOMORROW BOYS - BAD LUCK BABY PUT THE JINX ON ME (LP)/HOUND GAWD HGR004/2484
(オレゴン・ポートランドのリアル・パンク・ロッカーズ「ノー・トゥモロー・ボーイズ」のデビュー作。あのリップオフ・レコーズのサウンドを継承する貴重なバンドで、リアル・キッズとリップオフスをミックスしたような歯切れの良いロックンロール・パンクを間髪入れずに聞かせる。最近この手のバンドも希少になってしまったが、決して途絶えてしまった訳ではなくアンダーグランド・シーンでその伝統が脈々と受け継がれているようだ。推薦盤!)

FLYING DONUTS

FLYING DONUTS - STILL ACTIVE (CD)/KICKING64/2160
(フレンチ・パンク・シーンで20年間にも渡り活躍する実力派バンド「フライング・ドーナッツ」の2015年の4th アルバム。基本はメロディック、そこにロウ・パンクやモーターシティ・ロック、エモなどのエッセンスも取り入れたロッキン・サウンドが特徴。全編を通してハイエナジーでドライブ感満点のプレイを展開しており聞き応えも充分。楽曲や演奏などどれをとっても申し分のない一枚となっている。推薦盤!)

 

HELLO

1
pagetop